/virtual/htdocs/ikou_www/column/wordpress/wp-content/themes/matsuba_01

プルミエールスタッフブログ

2021.01.16振袖力UP講座ー中級

振袖力UP講座ー中級

コーディネイト編

こんにちは♪

着付していると時々、この振袖にこの帯、ちょっと合ってない!😓

という思うことがあります。

そうならない為にも、少し帯合わせについてお話ししたいと思います😘

 

振袖に帯合わせ
古典柄の振袖に合う袋帯はどっち?🙁

 

 

 

振袖は、赤の古典柄、ザ・振袖です🌸🌸

①の帯はよく見ると柄に薔薇の模様が入っていて、モダン柄ですね。

②の帯は、七宝柄に似た古典柄。

やはり、振袖が古典柄なら、帯も古典柄の方が、しっくりきますね。

 

今回は、柄だけで合うか合わないか見てみましたが、実際、振袖に帯を合わせるときは柄だけでなく色や振袖とのバランスを見ながら合わせていきます👘

金地の帯はとても華やかで、振袖全体を見ても一体感があり、背の低いお嬢様でもすらっと見えますね😊

では、赤い振袖に黒地の帯を合わせると、落ち着いた大人のコーディネートになります。しっかり古典の振袖には重みがあり、振袖の柔らかい色味もぎゅっと締めてくれます。こちらは目線が帯に行きやすいので、背の高いお嬢様でもかっこよく着こなせそうですね😊

帯だけでなく帯揚げや帯締めでも、振袖のイメージは変わります。また小物の合わせ方の回にご説明しますね🍀

 

Archives