/virtual/htdocs/ikou_www/column/wordpress/wp-content/themes/matsuba_01

プルミエールスタッフブログ

2021.05.18振袖力UP講座-初級-

こんにちは♪*

振袖力UP講座-初級-

今回は、補正編です!

 

振袖を綺麗に着る上で、絶対に必要になってくるのが補正です。

なぜ振袖を着るために補正が必要なのでしょうか??

着物は洋服と違って「寸胴」に見える方が綺麗だからです。

寸胴にすることで、すっきり見えるだけでなく、着崩れもしにくくなります。

そのために、出来るだけ体の凹凸をなくすのが補正なのです!!

 

それでは実際に補正のやり方について、いくつかのポイントに分けて説明していきます。

 

まず、体の凹凸をなくすためにウエストにタオルをあてて太くしていきます。

この時、バスタオルなどの分厚いタオルを用意する方がいらっしゃいますが、

薄いフェイスタオルを2~3枚用意するのがベストです。

 

ここのウエストの補正を怠ってしまうと、帯を巻いたときに帯が凹んでしまったり

シワになってしまいます。

また帯が安定せず着崩れの原因にもなってしまいます。

 

次に胸の膨らみを抑えます。

洋服の時と違い、着物は胸の膨らみを抑えた方が美しく見えます。

この時、着物専用の和装ブラジャーを使用することで簡単に胸の膨らみを抑える事が出来ます。

肌の弱い方などは、さらしを巻くのもおすすめです。

※写真で使用しているのはさらしです。

 

最後に腰回りの補正についてです。

お尻の上にボリュームのない方は、腰パッドがおすすめです。

お尻の上に置くだけだと動いてしまいますので、

マジックテープなどでしっかり固定してあげると良いです。

 

いかがでしたでしょうか??

 

着物を美しく着るためには、しっかりと補正をすることが必要不可欠です。

それと補正はすべて長襦袢を着る前に行います。

こうすることで、自然なシルエットに仕上がります!

 

皆さまも成人式までにマスターしてみてくださいね♪*

カテゴリー:初級振袖力UP講座着付編 投稿者:
Archives